伝統的な和の要素と現代的な洗練されたデザインが融合したこだわりの家大垣市

壁は全て漆喰塗、木は無垢材を使用し、自然素材にこだわった人、心、環境にやさしい落ち着いた雰囲気の家。31.7帖のLDKはリビングの勾配天井とダイニングの吹き抜けでさらに大空間を演出。中央の薪ストーブは、家族との距離を縮め、安らぎを与えてくれます。部屋と庭をつなぐテラスは、より自然を身近に感じさせ癒しの空間へといざないます。1階の動線を考えて作られたファミリークローゼットや2階のファミリーライブラリーなどお客様の希望をふんだんに取り入れた間取りとなっています。

柔らかな雰囲気の塗り壁と木目柄とのコントラストが目を引く素材豊かな表情が織りなす外観デザイン。
玄関を入ると正面に風景を切り取る額縁のような素敵な窓。
和モダンな丸窓が上質空間を彩るエントランス。
薪ストーブが家全体を温め、おおらかな空間を作り出します。
客間用の和室は、風、光を自由にコントロールできるシャッターでやさしい光が差し込んでいます。
伸びやかな空間で家中のつながりを感じることができるリビング。
柔らかな光と風が入る、家族が集うダイニング。
モザイクタイルで遊び心をプラスした洗面室。
2階のファミリーライブラリは吹き抜けから1階の様子もわかり落ち着く場所。
季節を感じる事のできる、外壁と色合いを合わせたセミクローズのエントランス。