「ZEH」ゼッチ

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

地球と家族の未来のために
エネルギー収支ゼロを目指す

 
人生どんな場面でも快適に過ごせる我が家。
世代を超えて住み続けることの出来る耐久性とエネルギー効率の良さに加え、家族がいつまでも健康的に生活を楽しめるゼロエネ住宅。
岡本住建は、豊かな生活と地球の未来を考え、ゼロエネ住宅の推進に努めています。
 
 
 

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?
 

「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、1年間の消費エネルギーより太陽光発電システムなどによって住宅をつくるエネルギーのほうが多い、または差がゼロになる住宅のこと。政府は「2020年までにネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを標準的な住宅にする」と目標をあげています。ZEH化の目的は環境配慮ですが、住まい手にもさまざまなメリットがあります。
 
 

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)
の普及目標・実績

 
岡本住建は、一般社団法人環境共創イニシアチブ(略称SII)に登録された「ZEHビルダー」です。2020年までに過半数の住宅をZEHとすることを目標としています。

 
  2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
目 標 10% 15% 25% 40%  50%
実 績 2%   4% 4% - 
 
 
 

これからのゼロエネ住宅
 わが家でつくったエネルギーを効率的に使い、
エネルギー収支をゼロへ 

 
家庭で消費されるエネルギー量は年々増加。省エネの強化が求められています。いま、政府が進めているのは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」の普及。つまり「エネルギーをつくって、自宅で使う」住まいのスタンダード化です。新築住宅は、ゼロエネルギーがあたりまえという時代がやってきます。 
 

高い断熱性

優れた断熱性能により、冷暖房にかかるエネルギーをカット。住まいの心地よさと省エネを実現します。

高効率な設備機器

省エネ性、節水性の高い設備で、毎日の暮らしで使うエネルギーを削減します。

太陽光発電システム

太陽の光をエネルギーに変換して、消費エネルギーを超えるエネルギーをつくります。